初サヨナラ弾はフォークボール
2022年10月01日 (Sat)

3.gif L3x-1H

順位は決まっていても、目の前の胴上げだけは勘弁願いたいものです。松本と千賀の息詰まる投手戦で締まった展開になりました。打線は3回まで3人ずつで片づけられ、期待は4回、というのは「野球あるある」です。

その4回、一死から源田、森の連打、山川の四球で満塁として栗山が先制適時打。ここで一気に攻めたてたかったのですが、千賀はこちらの思惑に応えてくてません。それだけ好投手なのです。

虎の子の1点を守り切れず、試合は延長戦に。相手の中継ぎ陣も連投続きでお疲れ気味。そして11回ウラ、二死から森が安打で出塁し、山川のサヨナラ2ランで相手の胴上げを阻止しました。

それにしてもフォークボールは「諸刃の剣」というのを再確認しました。栗山の適時打、森の安打、山川のサヨナラ弾、いずれもフォークボール。低めに決まれば効果抜群ですが、中途半端の落差は打ちごろのタマになりますからね。

[ホームに戻る] [利用方法] [管理用]

- WebCalen -