トンネルの出口は
2022年09月19日 (Mon)

ball.gif L4-6E

2点を追う4回ウラ、先頭の金子が安打で出塁し打席は源田。「とりあえずバントで送って、まず1点」と思いましたが、強攻策をとり安打で無死1、3塁。ここからクリーンアップなので、普通なら同点から一気に逆転の希望が湧きます。

でも、今のチーム状態は「普通」ではなく「異常」なんですね。3番の森が捕邪飛、4番の山川が三ゴロ併殺に。こういう時、三振ならアウトひとつなのに、なんて思ってしまいますよね。

5回は先頭の外崎が四球、愛斗の2塁打で無死2、3塁。相手の内野守備隊形は「1点どうぞ」。では、お言葉に甘えて、と呉念庭が理想の二ゴロで1点返し、なお一死3塁。しかし、古賀、長谷川が三振。「逆方向」の意識は感じませんでした。

2点を追加された直後の7回ウラ、外崎、愛斗の連続弾で1点差。ここで、打席は先日3連続弾の3本目を放った呉念庭。柳の下のドジョウの登場を願いましたが、世の中甘くありませんでした。

9回ウラ、森の3塁打から外崎の犠飛で同点に追い付きましたが、ここまで。なんとなく打線の抵抗の兆しが見えてきました。でも、残り試合が少なすぎます。でも、ファンは「意地」という言葉が大好きです(わたしだけ?)。なんとかトンネルを抜け出してくださいな。

[ホームに戻る] [利用方法] [管理用]

- WebCalen -