投手と打者との相性
2022年09月18日 (Sun)

home.gif L3-4E

先発の与座は茂木を苦手としています。初回、一死後に対戦し、クイックの次に普通のモーションで投げたタマが真ん中に入り右翼席に運ばれました。森のミットは外角に構えていたのに。

2度目の対戦は4回の先頭打者として。ここでも甘いタマを投げ右中間を破る2塁打となって、この回3失点のキッカケとなってしまいました。結局、5回4失点で降板し7敗目。

一方、愛斗は則本との相性が抜群で、今季の試合前まで成績は5打数4安打。1打席目は三ゴロでしたが、2打席目は無死1、2塁のチャンスの場面。早めに追い込まれましたが、バットを短く持ちかえて左翼に特大ファウルを。

その後も粘りながら、外から真ん中入ったチェンジアップをとらえると左翼席に飛び込む3ランになりました。与座も則本も苦手な打者に対すると、甘いところにいってしまうのは「野球あるある」なのでしょうか。

[ホームに戻る] [利用方法] [管理用]

- WebCalen -