打線の早い援護で
2022年07月30日 (Sat)

44.gif H0-6L

1回表、先頭の外崎が安打で出塁し、エンドランで2塁に進むと相手投手の無警戒のスキをついて3盗。これで動揺させ、森の四球で一死1、3塁になり、山川がコースに逆らわない打ち方で、あと数10センチで本塁打の適時単打。

この1点で終わらず、呉念庭の適時打も大きかったですね。2回は、先頭のジャンセンが左翼手のアシスト気味の2塁打。二死から外崎が四球を選び、源田が左中間を破る2点適時2塁打で追加点。

さらに4回、先頭の鈴木が安打で出塁すると外崎とのエンドランで2進。二死から森の適時2塁打、山川の適時打で6点目。ここまで5本の適時打で、森以外すべて逆方向に運んだ当たりでした。

この先制、中押し、早めのダメ押しで気分よく投げることができた与座がチーム初完投。自信の初完投、初完封のオマケ付きで。いわゆる投打の歯車がガッチリ合って連勝です。

[ホームに戻る] [利用方法] [管理用]

- WebCalen -