終盤の集中打
2022年06月21日 (Tue)

3.gif M0-3L

両先発投手が好投し、引き締まった試合となりました。6回まで両軍無安打も、7回表に源田が重苦しい雰囲気を引き裂く左前打で出塁(失策絡み2塁へ)。つづくオグレディが強引に引っ張って右前打で無死1、3塁。

このチャンスで、4番の山川が遊撃手の頭を越す適時打で先制。外崎の中飛で1、3塁とし、追加点の期待も森が投ゴロでならず。しかし、8回には一死から9番・平沼の安打から上位がつなぎ2点を追加しました。

こうなると、先発・松本のノーノーに期待がかかりましたが、8回二死から打たれてしまい、平良に交代。ブルペンと「1本打たれたら・・・」の連絡が浸透していたのでしょう、スムーズな交代でした。

一昨日の試合から、少ないチャンスを生かす展開が続いています。ノーノーを喫して、集中力の重要性を実感したのでしょうか。これはこれでとてもいい事ですが、できればラクな展開もお願いします。

[ホームに戻る] [利用方法] [管理用]

- WebCalen -