3戦連続1点差ゲーム
2022年05月01日 (Sun)

3.gif B1-2L

2回表、一死から中村、オグレディが連続安打。いずれも極端なシフトをとった守備隊形のウラをかくもので、1、3塁から山田が右翼への犠飛で先取点を挙げました。ツキのある展開でしたね。

そのウラに同点に追いつかれ、終盤までお互いに「あと1本が状態」。7回表、オグレディが内野安打で出て、山田がつなぎ一死1、3塁の勝ち越しのチャンスが訪れました。

打席は牧野。前日に3塁打を放ちましたが、ここは代打の選択肢はなかったのでしょうか。結果は空振り三振。呉念庭がコロナ陽性で戦力不足は明らかですが、個人的には栗山の一振りに期待したのですが・・・。

9回表、先頭打者はそれまで3三振の山川。初球の変化球を空振りし、「またか」と思ったとたんにやや高めのスラーダーを強振すると左翼席上部に飛び込む勝ち越し弾となりました。恐れ入ります。

このカード、いずれも1点差のロースコアゲームでした。今季のパ・リーグを象徴するような「投高打低」試合。3連敗を免れてホッとしました。日曜日の試合を取ると身体にイイですね。

[ホームに戻る] [利用方法] [管理用]

- WebCalen -