明るい雰囲気
2022年04月20日 (Wed)

46.gif L3-0M

松本が許した初安打は7回表でした。さらに四球と暴投で一死2、3塁のピンチでしたが二直、投ゴロで点を与えません。そのウラ、先頭の山川がチーム初安打を放ち(代走・鈴木)、外崎のバントから呉念庭が適時2塁打。

じつは、5回に山川が死球、外崎が四球で無死1、2塁のチャンスで呉念庭が3−0から真ん中のタマを打ち損じて左飛と、走者を進められませんでした。それだけにこのチャンスは何とかしたかったはず。

さらに、追加点を取り勝利を確実にしたい8回は先頭の金子が今季初安打。源田が一発バントを決め、オグレディの申告敬遠から途中出場の鈴木が中前に運び、中堅手が後逸する間に2者が生還。

一気に本塁を狙った鈴木は3塁を回ったところで転倒し、あわてて3塁に戻りましたが転送されタッチアウト。本人も笑うしかありませんが、ベンチも大盛り上がりでした。こういう雰囲気が大切なのです。明日も試合があれば良かったのに。

[ホームに戻る] [利用方法] [管理用]

- WebCalen -