経験が勉強
2022年04月16日 (Sat)

16.gif B3-0L

味方打線が初回から塁をにぎわすのですが得点に結びつきません。それでも先発の隅田は力強いタマを投げ込み、4回まで1安打、1四球と安定していました。でも、試合の流れというものは怖いものです。

5回表は初めての三者凡退で攻撃のリズムを与えてしまいました。そしてそのウラ。先頭に四球を与えた隅田は、バントをするものと決めつけたようなタマを中前に運ばれ1、3塁のピンチ。そして打席は絶不調で8番に下がった杉本。

0−2と追い込んでからの低めのタマを左前に運ばれ先制点を許してしまいました。このあとバントで一死2、3塁に。ここは踏ん張りところでしたが、福田の2点適時3塁打で追加点。

このあたりがバッテリーの若さでしょうか。次打者との兼ね合いや、1塁ベースが空いていることなど慎重な攻めが求められます。でも、これが活きた勉強なのですね。漠然と見ているのと、実際にプレーしているのとでは違いがあるはずですから。


[ホームに戻る] [利用方法] [管理用]

- WebCalen -