あと30センチが2本
2022年04月15日 (Fri)

30.gif B1-6L

打線は4回を終わって外崎の2塁打1本だけ。ハマると厄介な山崎福だけにイヤな予感も漂いました。しかし、5回先頭の外崎が四球で出塁するとジャンセンが来日2本目の安打となる2塁打でチャンスを広げました。

そして牧野が、前進守備の1、2塁間を破る同点適時打。先日のH戦の適時打もそうでしたが、価値のある打点です。さらに相手守備のミスで勝ち越し、オグレディがフェンス直撃の適時2塁打で追加点を挙げました。

ダメ押し点が欲しい8回には先頭の岸が安打。続くオグレディが2打席連続のフェン直2塁打から、外崎の適時打で突き放しました。前の打席も、この打席もあと30センチでオーバーフェンスという当たり。

でも、オグレディは来日1号のあと、大振りが目立って空振りが多かったので例の神様が考慮してくれたのでしょう。アベレージヒッターはそれなりの打撃が求められますので。

[ホームに戻る] [利用方法] [管理用]

- WebCalen -