安定の投手陣
2022年03月11日 (Fri)

13.gif M1-3L

2週間後の開幕を控え、先発は高橋。初回から投内連係の動きの良さも見せ上々の立ち上がりでした。2回、先頭のマーティンに2塁打され、暴投で無死3塁のピンチも無失点。これがエースの投球なのですね。

少し小さめにしたテークバックも、すっかり自分のモノにした感じで球威、制球も問題なし。5回、75球と「1回、15球が理想」と教科書通りの投球内容でした。来週のヤクルト戦が最終調整になります。

2番手の平井も安定しています。当初の予定からか、回をまたいでの投球も6人を完璧に抑えました。球数も17球と、まさに「打たせて取る」の見本。シーズンイン後も中継ぎ陣の現状から、試合展開によってはこのような起用もあるでしょう。

新外国人投手は計算できませんが、今のところオープン戦で投手陣の大崩れはありません。この何年かの課題が克服できるでしょうか。

*野手については「.com +Plus」で書いています。興味のある方は、入会をご検討ください。


[ホームに戻る] [利用方法] [管理用]

- WebCalen -