ミーティング材料
2021年09月28日 (Tue)

ball.gif H5-2L

相手の先発が千賀で、2回までに4失点では厳しい展開になります。高橋はデスパイネの先制2ランのあと、気持ちのリセットができなかったのでしょうか。直後に死球、2ランでは。2点と4点では追いかける野手の気持ちも違ってきます。

3回、5回、6回と複数の走者を出しても本塁が遠かったですね。でも、6回ウラのこのプレーが少し流れを変えました。一死1、2塁で三森の打球は左翼手の前にハーフライナー気味。

呉念庭がしっかり捕球した時に、2塁走者のリチャードが飛び出していました。ボールが2塁に送られ併殺。そんなに際どい打球に見えませんでしたので、完全に判断ミスでしょう。

そして、直後の7回表に岸の2点適時打が。接戦ではなかったので、試合を左右する展開にはなりませんでしたが、こういう凡プレーが流れを変えてしまうことがあります。相手チームのプレーですが、ミーティングでしっかり確認しておきましょう。

[ホームに戻る] [利用方法] [管理用]

- WebCalen -