投手交代から
2021年06月25日 (Fri)

13.gif B1-3L

野球の得点シーンは想像通りにいかないところが面白いのですね。初回、先頭の金子が2塁打で出塁しても後続が走者を進めることができず。4回は先頭の栗山が2塁打。一死後呉念庭の安打で1、3塁も山川、スパンジェンバーグが連続三振。

たしかに好投手の山本ですので簡単にはいきませんが、なんとかしてもらいたかったですね。ところが、ヒギンスに代わった8回、二死無走者から連続四球でチャンスをもらい、栗山の適時打で追いつきました。

こうなると流れはこちらに。9回先頭の呉念庭が四球を選ぶと、4回に還せなかった山川が勝ち越し2塁打。そして、同じく4回に失敗したスパンジェンバーグが適時3塁打で2点勝ち越しました。

この逆転勝利を呼び込んだのは先発・高橋光の好投でしょう。1点を先制されても粘って8回まで投げ、追加点を与えなかったのが勝因といえます。それにしても、投手交代は難しいですね。

[ホームに戻る] [利用方法] [管理用]

- WebCalen -