攻守で存在感
2021年06月19日 (Sat)

6.gif L7-2M

1回ウラ、一死から源田が右中間を破る3塁打。あそこに飛ばせば3塁ベースは源田のモノ。つづく森が特大2ランでまず先制しました。前日の零封負けの悔しさが残っている攻撃陣は手をゆるめません。

山川が四球、栗山の安打でチャンスを広げると呉念庭の強い打球は1塁手を襲いました。レアードがそらし3点目。記録は失策でしたが、イレギュラーしたように見えたので適時打でもいいような。

さらに、スパンジェンバーグの適時2塁打で一死2、3塁。ここで愛斗の打球は遊撃手正面に飛び、3塁走者が本塁に向かい挟殺プレーに持ち込みましたが、基本を忘れた捕手が3塁に悪送球し2点を追加しました。

こうなれば先発・今井は締める投球を見せるしかありません。5回まで無安打で、結局7回2失点で5勝目。3安打とダメ押しの1打点。守備でも今井を盛り立てた源田の働きがチームを活気づけました。

[ホームに戻る] [利用方法] [管理用]

- WebCalen -