1点及ばずも
2020年10月30日 (Fri)

60.gif L3−4H

急遽先発に回った平井。5回4安打、2四球、3失点はまあまあではないでしょうか。前日の2回まで5失点とは大きな違いです。ただ、相手の東浜のデキが良すぎてなかなか得点が難しい展開でした。

2〜4回に安打は出ても、つなぐことができません。5回に連続四球をもらってもホームベースは遥かかなたです。8回までゼロ行進で完封負けも覚悟していましたが、9回の投手交代が。

まず嘉弥真。先頭の源田が四球を選び、続く森が左中間安打。源田の好走塁で3塁に進み、送球間に森が2塁に進みました。栗山の二ゴロでまず1点。ここで、投手が森に代わり、外崎が三振。

続く中村が第1打席の併殺打の悔しさを振り払う2ランで1点差に迫りました。しかし、ズンドコ、いやどん底の山川が三振で試合終了。敗れはしましたが、最終回の得点、それも相手自慢の中継ぎ、抑えから奪ったのは大きい、と強く思うことにしましょう。

22:31

[ホームに戻る] [利用方法] [管理用]

- WebCalen -