メリハリつけすぎの攻撃
2019年09月03日 (Tue)

60.gif B1-5L

オリックスは前日に千葉でナイトゲームを戦い、当日移動。一方の我がチームは前日入りでコンディションは上々でした。こういう条件の時は、しっかりモノにしなければいけません。その通りになりましたけど。

初回、二死から森が安打出塁し、4番・中村が軽打のようなスイングで中堅深くまで運び先制しました。幸先は良かったのですが、2回以降はなぜかおとなしくなり荒西を打ち崩せません。

5回に木村の3塁打が出ましたが、8回まで安打はこの1本のみ。普通、ひっくり返される展開ですが、ニールの踏ん張りとチーム相性で8回まで2−0で進みました。そして、どうしても追加点が欲しい9回に打線が応えてくれたのです。

まず先頭の秋山が右前打。源田は当然バントですが、失敗(三飛)。悪い流れになる予感がしましたが、森がそれを払拭する適時2塁打で3点差に。さらに、栗山のバースデー適時打でダメ押し。

もうこれでおしまいで良かったのに、外崎の捕ゴロを悪送球し5点目をプレゼントされました。こちらの失策(2つ)は点に絡まず、相手の失策が得点になるパターンはチーム状態の差でしょうか。

[ホームに戻る] [利用方法] [管理用]

- WebCalen -