見事なビッグイニング
2018年08月02日 (Thu)

10.gif L10-2H

苦手の石川の投球、2回の山川の投ゴロまではかなり苦労する感じがしました。何しろバットにまともに当たりませんでしたので。ところが、5番・森がキッチリとらえ出塁。前日の満塁弾の勢いともいえます。

そして外崎が、変化球の失投を打ち返し逆転2ラン。二死後、中村が打ちごろのカーブを左翼席に運びました。でも、ここまでは不安でした。前日の6得点と、ここまでの3得点すべてが本塁打だったからです。

その心配を払拭してくれたのが、斉藤彰、秋山とつないだ後の源田の適時打でした。さらに浅村、森の適時打も飛び出し、この回7点のビッグイニング。本塁打のあとの4点でSB選手の戦闘意欲を削ぎました。

先制点を奪われた先発・今井も、直後の大逆転に応える見事な投球。ストレートの威力、変化球のコントロールなど素晴らしいコンビネーションを披露しました。強気で投げれば打たれない感覚をつかんだと思います。

いずれにしても、前夜の最終回の森のグランドスラムが生きた試合になりました。その森。6回の打席で自打球を右ヒザに当て途中交代しました。病院に行かず、アイシングで様子見ということなので、骨には異常なさそうです。大事な戦力ですので、明日は元気な姿を見せてもらいましょう。

[ホームに戻る] [利用方法] [管理用]

- WebCalen -