本塁打と四球
2018年07月08日 (Sun)

ball.gif E3−4L

もっと楽に勝たないといけないのですが、最後までハラハラさせる外国人投手が二人登板しました。理由はハッキリしています。四球なのです。意味のある四球は分かりますが、制球不足ではねぇ。

まぁ、好投の菊池も1失点は先頭打者から連続四球、犠打、内野ゴロの間ですからもったいなかったですね。カステーィヨは2点リードの10回ウラ、先頭のボテボテの内野安打の後、四球2つで満塁。

同点、逆転の走者を四球で出塁させては、ベンチも頭が痛いでしょう。このピンチで、今江に三遊間を破られ同点。この場面では、ど真ん中でした。もう少し内角に投げていれば三ゴロなんですけど。野球ってそういうもんですよね。一週間前には榎田の、そして今日は菊池の勝ち星を「奪い取った」形です。

11回のヒースも下位の打者に2つの四球。でも、そのおかげで野田にプロ初セーブが付きましたが。ちなみに楽天投手陣は塩見の1死球のみ。その分、3本のソロを浴びていますが、良いのか悪いのか。まぁ、チームが勝つことが一番ですけど。

[ホームに戻る] [利用方法] [管理用]

- WebCalen -