素晴らしい仕草
2018年05月06日 (Sun)

33.gif E0−11L

3回表、自ら1000試合出場の祝砲を上げた浅村の2ランなどの本塁打攻勢で6得点のビッグイニング。その後も攻撃の手をゆるめず、終わってみれば11得点と打線は好調を持続しています。

先発・榎田も制球良く、楽天打線を翻弄し点を与えません。伊藤、松本とつないでの完封リレーは、3日前の十亀先発試合と同じ形になりました。こういう展開でもリリーフ陣がしっかり抑えるのが理想です。

一方的な試合になりつつあった4回表、山川が藤平から死球を受けました。最初の打席でも頭の上を通過したタマがあり、一瞬イヤな雰囲気が漂いかけましたが、当の山川が帽子をとる藤平に笑みを返し「大丈夫だよ」のメッセージ。

これは、山川の人柄でしょう。これだけ打ちまくると相手投手の攻めも厳しくなるのは十分承知していると思います。そんな中でも、余裕の態度を見せた主砲。死球がらみでもめるのは、何かしらの「伏線」があるものです。

こういう仕草は「敵」を作らないものです。沖縄育ちでおおらかな性格の持ち主は、今後も厳しい攻めが続くでしょうが、ケガだけは注意して打席に臨んでもらいましょう。

[ホームに戻る] [利用方法] [管理用]

- WebCalen -