4番がひと休みでも
2018年04月30日 (Mon)

55.gif L5−2E

2回表、ウィーラーに逆転2ランを打たれたそのウラ、先頭の森が出塁し、続く外崎が併殺打。チームの状態が悪い時なら「何やってんだ!」と思うでしょうが、今は精神状態が良いので「こんな時もある」と思ったファンが大方でしょう。

3回ウラ、炭谷の2塁打でチャンスを作り、秋山が同点適時打。さらに一死2、3塁のチャンスで3、4番が還せませんでしたが、ここでも「こんな時もある」でした。そして、4回ウラ。

外崎が出塁し、栗山の打席でフルカウントから外崎が走りランエンドヒットの形になり、左翼線に勝ち越し適時2塁打。さらにチャンスを広げ、秋山の2点適時打で楽天の攻撃意欲を削ぎ落しました。

先制の1点は浅村の犠飛でしたが、今日の試合は中軸が目立たず、下位から上位で点をもぎ取りました。こういう展開がベンチの理想なのです。「お祭り野球」もたまにはいいのですが、やはり堅実さを求めるには、日替わりのヒーローの出現が理想です。

[ホームに戻る] [利用方法] [管理用]

- WebCalen -