理想的な試合運び
2018年04月14日 (Sat)

18.gif E1−5L

前日は「お休み」だった秋山の先頭打者弾で先制し、3回は3つの四死球での一死満塁から森が2点適時打。7回には二死、1塁から源田が適時3塁打。打球が照明に入った形でしたが、これも実力のうちでしょう。

そして、9回には今季2打席目の木村が、力のある菅原のタマを弾き返し右中間を破る3塁打。続く金子侑の犠飛で5点目。今季まだ2安打の金子侑はこれで3打点目。しっかり貢献しています。

前日の試合でも9回に追加点を挙げています。こういうのを「明日の試合につながる」と表現するのでしょう。取れる時はしっかり取る、は攻めの鉄則です。このあたりがチームの好調理由のひとつでしょう。

それにしても多和田の投球は見事でした。真っ直ぐ、変化球とも制球良く、112球の完投でリリーフ陣を休ませたのが評価されますね。投げている時は無表情、ヒーローインタビューもぶっきらぼう。これが多和田の魅力なのです。

[ホームに戻る] [利用方法] [管理用]

- WebCalen -