打点も稼ぐ2番打者
2018年04月13日 (Fri)

6.gif E5−7L

菊地と則本の先発なので、どっちがどういう形で先制点を取るか、が試合前の興味でしたが、何の何の。菊地は初回、2番打者の適時打と3番打者の2ランで一死も取れずに3失点ですもの。

この3点が「栄養剤」どころか「悪酔い酒」になってしまったのか則本。2回表、山川の反撃の狼煙のバックスクリーン弾から始まって、炭谷の同点適時2塁打。そして、二死から源田が右翼手越えの勝ち越し適時2塁打。

1番の秋山が5打数無安打、4三振とまったく合わなくても、2番の源田がカバーしてくれるのが大きいですね。外野手がやや前に守っていたとしても、則本のタマをキッチリ打ち返したのは技術の裏付けもあるのでしょう。

1点差の9回には左の高梨から左前打で出塁し、森の適時打で7点目のホームを踏みました。この追加点が効きましたねぇ。チーム12試合消化で源田の打点は「12」。単純計算は禁物ですが、実に頼りになる2番打者です。

[ホームに戻る] [利用方法] [管理用]

- WebCalen -