うれしさ微妙なプロ初勝利
2017年09月05日 (Tue)

23.gif L5−2M

やっぱり、1番・秋山、2番・源田の打順は見ていて落ち着きますね。初回に、安打、犠打、森の適時打であっさり先制しました。3回は栗山の犠飛で2点目。メヒアがスタメンにいないとつながる印象があります。

同点に追いつかれた直後の7回ウラ、先頭の岡田が安打で出塁。源田のセーフティーが内野安打となり、森の適時打で勝ち越しました。続いて野選で4点目を奪い、さらに栗山の犠飛で5点目。今日は森の2本の適時打同様、栗山の2本の犠飛が効果的でした。

先発の十亀は、4回に守備の乱れ(記録は安打)から無死満塁のピンチを背負いました。しかし、清田の適時打で1点を失いましたが、田村の併殺などで最少失点。踏ん張って8勝目が近づきました。

気の毒だったのが7回表。先頭の清田に対しカウント2−2からの5球目、内角の絶妙のカーブに球審の手が上がらず、結局四球。二死2塁で代わった野田が同点打を打たれ、8勝目はなりませんでした。

7回ウラに勝ち越したため、勝利投手は野田でプロ初勝利でした。本人にとってはちょっと恥ずかしい勝利でしょうけど、ここまで好投してきた「ご褒美」といえます。ただ、チーム査定の勝利投手は十亀なのです。

22:09

[ホームに戻る] [利用方法] [管理用]

- WebCalen -